占い師になるための学校費用は?占術ごとにまとめてみた

占い学校の費用目安

占い師になる方法はいくつかありますが、その一つが「占い教室」のような学校へ入学することです。

 

ここで問題になるのは、「占い師の学校って、いったいどれくらいの費用がかかるのだろう?」というお金の部分。

 

あまり表立って目にすることもないので、具体的になににどれだけお金がかかるのかわからないと思います。

 

なにも知らないで入学資料を集めてしまうと、想像していたよりも費用が高かった場合、せっかく目指そうと意気込んでいた占い師への道をあきらめてしまうことになりかねません。

 

そうならないためにも、あらかじめ事前知識としておおまかに費用をあたまに入れておき、目標に向かってお金を貯める必要があります。

 

ここでは占術ごとにかかる費用をまとめました!

占い学校に入学するメリット

占い師になりたいと考えた場合、やはりなによりも「技術」が必要になります。

 

基本的な占い方もわからなければ、当然占い師にはなれませんし、仮にデビューできたとしても、お客に満足のいく結果を伝えることはできません。

 

その点、占い学校に入学すれば基礎から学ぶことができますし、占い師としてのテクニック、コツがわかることによってモチベーションがあがる、さらに人脈作りに役立ちます。

 

一番は有名な占い師から直接占いを学べることが最大のメリットでしょう。

 

占術ごとの費用まとめ

占い学校の実際にかかる費用についてですが、占い学校や教室などに入学する場合、まず入学金が発生します。

 

金額はもちろんバラバラですが、2〜5万円前後が相場です。

 

入学後は授業費、教材費などにも費用がかかるため、総額すると十万円近い金額がかかることになるので、入学前にかならず資料請求をしておきましょう。

 

ここからは占術ごとの授業料を大まかにまとめてありますので、あなたが目指すジャンルの占術をチェックしてくださいね。

 

授業料は授業回数によってかなり差がありますが、おおよそ授業1回分1万円〜で、通学期間は長くても半年から1年くらいが目安です。

 

※費用は学校のシステムによって大きく異なるため、表示に幅をもたせてあります。

 

タロット

  • 授業料:2万円〜50万円
  • 授業回数:6〜100回前後
  • 授業時間:1回あたり2時間前後

 

九星気学

  • 授業料:4万円〜50万円
  • 授業回数:6〜100回前後
  • 授業時間:1回あたり2〜5時間前後

 

西洋占星術

  • 授業料:4万円〜60万円
  • 授業回数:4〜100回前後
  • 授業時間:1回あたり1〜2時間前後

 

四柱推命

  • 授業料:4万円〜50万円
  • 授業回数:4〜100回前後
  • 授業時間:1回あたり1〜2時間前後

 

姓名判断

  • 授業料:1万5千円〜60万円
  • 授業回数:6回〜100回前後
  • 授業時間:1回あたり1〜2時間前後

 

手相

  • 授業料:3万円〜50万円
  • 授業回数:8〜100回
  • 授業時間:1回あたり1〜2時間前後

 

有名な学校は「AKADEMEIA COLLEGE」

インターネットで「占い 学校」と検索すると、たくさんの学校がヒットするので、いまいちどの学校を選べば良いのかわかりにくいですよね。

 

どの学校にも特徴があり、費用もピンキリです。

 

ただ、あまりにも安すぎると不安になりますし、高すぎても逆にあやしい感じがしますよね。

 

占い学校の選び方は、一番はやはり「評判・実績」です。

 

多くの生徒を輩出するだけの評判と実績があるということは、それだけ信頼できることにもつながります。

 

「AKADEMEIA COLLEGE(アカデメイア カレッジ」は、実績、評判ともに申し分ない占い学校だと思います。

 

AKADEMEIA COLLEGEの特徴

AKADEMEIA COLLEGEは、実績や評判はもちろんのこと、なによりもさまざまな形で占いを学べることにあります。

 

  • 本格的に入学する
  • 1dayセミナー
  • 無料セミナー
  • きっかけレッスン
  • 入門レッスン
  • ライティングや心理学も学べる

 

など、趣味や占い師を目指して初心者が一から安心して占いを学ぶことができるのです。

 

占い学校ということもあって、入学金(32,400円)は発生してしまいますが、その分、講座の方で割引があるので、トータルで考えると比較的リーズナブルに受講することができるのも魅力のひとつです。

 

有名な鏡リュウジ先生などの講座もあり、学べることがとても多い学校ですよ。

 

また、占い学校にしては珍しく、占いだけでなく文章ライティングや心理学が学べます。

 

近年はWEBや雑誌などの占いコンテンツで執筆する仕事も増えているので、占いライターは重宝します。

 

占い師やライターなど、幅広く活躍できるスキルが身に付きます。

 

費用を抑えるには無駄打ちしないこと

占い学校は、学校や教室によって制度がかわるため、費用も大きく変わります。

 

ただ、一貫して言えるのは、すべて講座には費用が発生することであり、それだけは免れられません。

 

つまり、あっちもこっちもと手を出してしまうと高くついてしまうので、少しでも安く済ませたいなら、有名な先生のいる学校や、前述した評判の良い学校を選択するべきです。

 

結果的に安く上げることができるはずですよ。

 

独学でも占いは学べる

費用を安く済ませるなら、断然独学です。

 

独学で占い師になる人は意外と多いのです。

 

とくに今は、わざわざ高いお金を出して占い学校に行かなくても、通信講座のように独学で学べる環境が充実しています。

 

最短で占い師になれる!独学の勉強方法を大公開!」なら、わざわざ占い学校に通わなくても、自宅勉強で現役占い師からサポートを受けながら、占いを一から勉強できますよ!

 

さいごに

占い学校の費用についてお伝えしてきましたが、安くても数万円単位のお金が動きます。
決して安くない金額なので、占い学校に通う場合はしっかり実績と評判のある学校を選んで学ぶようにしましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加