当たる占い師になるには?霊感よりも●●が必要!

占い師と霊感

占い師と聞くと、なんとなく霊感やオーラが見えるなど、特殊能力がないとなれないイメージがありますよね。

 

でも、特殊能力がなくても、最低限、基本的な鑑定の知識さえあれば誰でも占い師になれるのです!

 

当たる占い師が全員霊視ができるわけじゃないですからね。(^_^)

 

では、どうすれば「当たる占い師」になれるのか。

 

実は当たる占い師になるには霊感よりも重要なことがあります。

当たる占い師と外れる占い師の違いとは?

当たる占い師がいれば、その逆の占い師もいますが、その違いとは何なのか。

 

それこそ、霊視ができたりオーラが見えたりと、目に見えない力や特殊能力がないと当たる占い師にはなれないと感じてしまいますよね。

 

確かに霊感があれば占いに役立つし、普通に占うよりも「予言したり当てること」ができるでしょう。

 

ですが、占いの本質は「未来を当てること」ではなく、「相談者の悩みを解消すること」です。

 

つまり、当たらないと言われる占い師は、当たらないのではなく、お客さんの悩みが解決できていないことが最大の原因です。

 

当たる占い師になるためには?

当たる占い師になるために重要なのは、ずばり信頼です!

 

占いを信じる

 

占いは、当てることを意識しすぎると、本来の占いの力を生かせず、まともに鑑定ができなくなってしまいます。

 

重複しますが、占いは当たる当たらないの世界ではありません。

 

お客さんに、占いをどう生かして希望に変えてもらえるか、悩みや不安を解消してもらえるか、が大切です。

 

「当たる占い師」になるのではなく、お客さんから「信頼される占い師」になることが最も重要です。

 

新規のお客さんにリピーターになってもらうためにも信頼を築くことは必須!

 

信頼される良い占い師になるためには、まずは、しっかりお客さんを鑑定できる知識を身に付けましょう。

 

そのうえで、経験を積んで占いの勘を磨くしかありません。

 

経験を重ねることで、相手の悩みを聞いたり、アドバイスをするコツを掴むことができ、自然と占いの腕が磨かれていきますよ!

 

聞き上手になるならこの↓資格が役立ちますよ!
>有利に!?占い師に役立つ資格

 

占い師は誰でもなれる職業です!

良い占い師や当たる占い師は日々努力を積み重ね、占いと向き合っています。

 

実践こそが最強の勉強法!

 

とはいうものの、いくら実践が重要といっても、自己流や無知なままでは占い師として活動することができません。

 

実践できるだけのスキルがなければ占い師にはなれませんからね。

 

占いは、基礎知識だけでも複雑で難しい内容が多く、勉強法で悪戦苦闘するんですよね。

 

ですが、「最短で占い師になれる!独学の勉強方法を大公開!」なら、占いが初めての人でも、効率的にわかりやすく学べますよ!

 

これから勉強したい方は必見です!

 

さいごに

占い師はお客さんの悩みを解消することが大切です。

 

霊感にこだわる必要はなく、霊感がなくても占い師になることができます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加